ポーズをとる女性

一生に一度の結婚式ではお気に入りの衣装を着るのも楽しみのひとつです。
いろいろな衣装を着たい人はお色直しの回数を増やすこともありますが、ウエディング用のものを借りると一着あたり数十万円かかることも珍しくありません。
それでなくても結婚式には何かと費用がかさみますので、節約できるところは少しでも節約したいものです。
そこでドレスをお得に手に入れる方法として、セールで購入する手があります。
レンタル用に使われていたドレスがセールでは数万円で手に入ることもあります。レンタル品ですが販売前にはクリーニングしてありきれいな状態です。

結婚式場によっては自前の衣装に持ち込み料が必要なところもありますので、二次会ドレスとしての使用もおすすめです。
二次会ドレスに関しては、パーティードレスとしても使えるようなデザインのものもよいです。
1度着たきりでずっとクローゼットの中に眠らせてしまうのはもったいないので、パーティーなどの会合や他の結婚式にお呼ばれしたときにパーティードレスとして使用できると便利です。
二次会ドレスは豪華すぎて他の用途に使いづらいなら、二次会ドレスの装飾を一部外したりスカートの丈を短くしたりしてパーティードレスに変えられるようなデザインもあります。
また、ウエディング、二次会ドレスを自作する人もいます。
自作していればウエディング後に自分でリメイクして普段の洋服やパーティードレスとして活用するにもやりやすいです。

ドレスを着た女性

何か特別な出来事やイベントの時こそ、着ることができるのがドレス。
例えば大学や高校の卒業パーティー、会社の創立記念パーティーや、クリスマスパーティー、そして、結婚式。
また、最近ではホームパーティーを盛大に開く人もいたりして、意外と出番が多いかもしれません。
自分の体系や雰囲気、イメージに合ったものを選ぶのも大切で、素敵なドレスを着ると、気持ちまで明るくなって、よりいっそう、その出来事を楽しむことができます。
ドレスといえば、デパートでちょっと高額な値段で売っているイメージですよね。それゆえ、一着で何でも着ていくことができる無難なデザインを選びがちです。

すごく可愛いけど、ちょっと派手かもしれない、とか、これはクリスマス用のパーティードレスかな、二次会ドレスとしか着れないかな、とかシチュエーションが限られてくるのにお金を出すのは、もったいない気がしてしまいます。
可愛いけどちょっと、と、買うのをあきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。
そのような方には、インターネットショッピングがおすすめです。
パーティードレス、二次会ドレスなどと検索すると、たくさんのショップが表示されます。
お得な価格で販売している所が多いので、女子だけでのイベントで着るパーティードレス、また、結婚式の二次会で同じドレスばかり着ていると思われたくない人は、二次会ドレスを沢山そろえるのもおしゃれですよね。
ここでは、さらに安カワなパーティードレスや二次会ドレスについて詳しく紹介していきますので、是非参考にしてください。

ワインを持つ女性

白の同系色で薄いクリーム色やベージュなども写真では白っぽく写ってしまうことがあるため、選ばないほうが無難です。
かといって友人がみな黒ばかりでは寂しいので、式に花を添えるという意味で、はなやかな色味を選ぶといいですね。
靴や鞄は、パーティードレスに合った色のものを選びましょう。
また、よくサブバッグとして紙袋を持つ方がいらっしゃいますが、たとえ高級ブランドのものであっても紙袋はあくまでも買い物袋などに過ぎないので、正式な場には不向きです。
また、二次会ドレスとしても白は避けます。
そしてたとえ友人同士で行われるような二次会であったとしても、あまりにカジュアルな二次会ドレスは避けたほうが無難です。
二次会ドレスでは、夜に二次会が行われる場合はサテンやシルクなどの光沢のある素材を選びます。
また、二次会ドレス、披露宴でのパーティードレス両方に言えることですが、胸元や背中など極端に露出の高すぎるものは下品にうつることがあるので気をつけます。